外国人には震度で地震の大きさを伝えることはできないのです

日本では大地震の際に震度6強などと発表されます。 しかし、この震度は外国人に通じるのでしょうか? 答えは、通じない、というものです。 気象庁のホームページを見てみると、 参考)ホーム > 知識・解説 > よくある質問集 > 震度・マグニチュード・地震情報について https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/faq/faq27.html#…

続きを読む

内閣府のページで全国のゆれやすさマップのリンクが紹介されています

地震の被害は場所により異なります。 その原因は建物の耐震性という面と、そもそも、その建物が建っている地盤の善し悪し、良いのは揺れない地盤、悪いのは揺れやすい地盤、ということが関係するからです。 参考)内閣府のページより、 http://www.bousai.go.jp/kohou/kouhoubousai/h20/05/question.html Q:マンションやアパートを買った…

続きを読む

防災グッズを語る際に地震や災害でどのように人が死ぬのか本当の話をしてほしい

防災グッズは間違いなく有効です。 ただし、大きな前提があるということを知っておかなければなりません。 それは、防災グッズが活躍するのは、大地震の後に、生きている、ということです。 大地震で実際に人がどのように死ぬのかということに多くの「防災の専門家」は考えが及んでいないという気がしてならないのです。 大地震で死ぬというのは地震発生後、ほぼ一瞬なのです。 ほとんどのケースは、夜、木造住宅…

続きを読む

東京や神奈川県で震度4、心配なら2階で寝ることです!地震の詳細は防災科研の即時公開データでチェックをすることがお勧めです。

東京都・千葉県・神奈川県の広範囲で朝から震度4の地震。地震の規模を示すマグニチュードは5.5なので、地震大国の日本では非常によくある地震。大した地震ではありません。しかし、この地震で驚いた人も多くいたのではないかと思います。少なくとも、そこそこ大きな地震を感じると、まさに自分たちの町などの周辺の被害か、遠いところで大地震があったのかなど心配になって良い気分にはならないものです。地震について、どん…

続きを読む

新潟で震度6強、NHKも1階より2階で寝ようと情報発信!

NHKの社会部の古川デスクが、やっと、木造2階建なら2階に寝るほうが危険性が低いと発言しました。 やっと・・・です。 大地震が発生しても、いつ収まるかは誰にも分からないのです。 収まるどころか、さらに大きな地震があるかもしれません。 そうした中で、いつまでも家に帰れないとなると、体育館の雑魚寝で大勢の災害関連誌のリスクが高まります。 もちろん、体育館ではなく教室で非難することで災害関連…

続きを読む

大阪北部地震を語る上で極めて稀なブロック塀での小学生などの死亡事故に惑わされてはいけない

大阪北部地震といえばブロック塀で小学生の女の子が亡くなったと報じられる。 ほとんど報道されていないが熊本地震でも一人が個人の住宅の周りのブロック塀が倒れて1人が亡くなっている。 大阪北部地震でも同様に個人のブロック塀(石積)で高齢者がやはり1人亡くなっているがほとんど報道されていない。 だが、冷静に考えれば大地震の際にブロック塀で人が死ぬのはまれなのです。 大地震で人が死ぬのは圧倒的に木…

続きを読む

千葉県長南町で震度5弱、2階建ての木造住宅なら2階で寝よう!

千葉県長南町で震度5弱を記録。マグニチュードは5.2、震源は40kmの深さと深い地震です。 ちなみに、東京では震度4。 防災科研の記録のK-NET即時公開記録を見てみると参考になります。 http://www.kyoshin.bosai.go.jp/kyoshin/instant/ (これは、即時データの公表ページで過去のデータが置き換えられてしまいます。過去を見るには登録などが…

続きを読む

命を守る行動を取ってほしい、地震対策は2階で寝ることです

命を守る行動を取ってほしいという山下助教。 九州であれば、熊本地震で地震の直接死のほとんどが木造住宅、木造アパートの1階で亡くなったというのが真実です。 つまり、木造住宅、木造アパートなら2階で寝よう、ということが、命を守る行動なのです。 今から、地震に備えれ耐震改修をしましょうと言っても、補助金などの申請などに時間がかかり、完成するのは1年以上先になることは間違いありません。 せっかく…

続きを読む

もはや誰も地震予知が可能と考えていませんが、では何をすればいいかを知らないのです

地震予知の100回中99回は失敗するというのは、100回やって1回ぐらいは当たって欲しいという単なる願望のレベルで100回に1回に何か意味があるものではないだろう。 また、林教授は何を根拠に、 予知の難しさが市民や行政担当者に正しく伝わっていないと指摘 と言っているのか不明なのだが、東日本大震災や熊本地震を経て、既に誰も学者は、そして気象庁は地震予知はできないと思っているのは確かだろう。 …

続きを読む

宮崎県で震度5弱、M6.2だが地震は続いている。心配なら2階で寝よう!

宮崎県で震度5弱、M6.2。 マグニチュード6.2だ。7を超えてくると問題になるのだが、この程度では大きな被害はありません。 そもそも震度5弱だ。震度は5強以上でないとほぼ被害はないのだが、地震はいつ起こるか誰にも分からないのです。 気象庁も、いつから余震と言っていいかなど分からないというのが公式見解。 なぜなら、熊本で前震を誤って本震と発表。 そして、余震しかないと判断して、多くの人…

続きを読む

耐震改修費用200万円がタダになる方法が2階で寝ることなのです

熊本地震のような地震で死にたくないなら、耐震改修をしてくださいというのが役所の宣伝文句です。 しかし、耐震改修の費用の相場は200万円からというのが現実です。 首都圏などでは300万円というところもあります。 補助金などが出るケースが多いにしても、100万円程度の自己負担と、補助金はほとんどの場合は工事が終わってから入金されるので耐震改修工事の費用そのものは個人がまずは支払う必要があり、2…

続きを読む

本当の熊本地震は4月16日に起こったのであって14日はあくまで前震に過ぎない

熊本地震から3年というのなら4月16日でなければならない。 4月14日の地震はあくまで前震だからです。 熊本地震においてもこの「前震」ではほとんど人は亡くなっておらず、また、建物被害も大きなものはなかったのです。 4月14日に気象庁が「前震」を「本震」と勘違いして避難所に避難していた人を自宅に帰るように促し、4月16日に木造住宅の1階で安心して寝ていた人たちが亡くなったというのが熊本地震で…

続きを読む

3.11は地震・津波による災害、地震に対しては2階で寝ることが有効です。

3.11は確かに大津波のイメージが強いのですが、これは地震が先に発生して、その後に津波が来るというものです。 日本でも海外でもこのパターンでの津波被害が多いのです。 津波が来るまでには通常、時間がありますので、実は最初の大地震で圧死してしまったらそこでおしまいとなります。 したがって、命を守るためには、 2階で寝る ということを心がけることが大切なのです。 検索は応援にな…

続きを読む

検索は応援になる。3.11をYahoo!で検索して10円寄付をしよう

検索は力になる。 Yahoo!は今年も検索で10円のキャンペーンを行う。 1億人が検索すれば10億円?限度額があるかもしれないが、そこまで寄付してもらいたいものだ。 対象期間:2019年3月11日0時00分〜23時59分 3月11日、あなたは何を想いますか。 2019年3月11日にYahoo! JAPANで「3.11」と検索してみてください。 おひとりにつき10円をYahoo! …

続きを読む

スポンサーリンク