震災で命を落とすのは木造二階建て住宅の1階に寝ているケースがほとんどであることを真剣に考える必要がある

阪神・淡路大震災、中越地震、東日本大震災、そして熊本地震と大地震で命を落とすのは必ずといっていいほど、木造住宅なのです.これは常識.
feelsorry.jpg
さらに言えば、耐震性のない、多くは古く老朽化も進んでいる2階建ての木造住宅の1階に寝ているケースと震災で直接死となるのは日本には多い戸建ての木造住宅であることを建築業界の人間は肝に命じなければならないでしょう.
木造2階建住宅については、日本ではその需要が圧倒的に多く、大量の供給を必要としたことから非常に簡単な手続きで建築ができるように建築基準法においても極めてアバウトに扱っています.
一般に二階建ての木造住宅は4号建物と言われ、構造計算書を確認申請の際に添付しなくていいということになっているのです.
これをもって木造住宅は構造計算が要らないと嘯く自称(ちゃんと資格をもっているのですが・・)建築士という人も多いというのが現実です.
しかし、近年の多くの地震災害の被災状況を見て感じるのは、人が死ぬのはいつも木造住宅なのです.
2階で寝ようというのも、こうした数多くあるお大地震で命を落とす確率が極めて高い木造住宅にお住いの方が散々、震災の映像を見ているのに関わらず自分のこととして見ていないことに危機感を感じるからです.
2階で寝るという、たったこれだけで命が助かるかもしれない、その確率は非常に高いのです.これは構造設計を真面目に考えた人であれば当然すぎる結論です.
東日本大震災、そして、熊本地震の教訓というのは実は、震災では木造住宅で人は死ぬ.しかも1階で死ぬということです.
なお、ツーバイフォーなど木造の住宅でも構造計算がされているものはほとんど地震で人が死ぬことはありません.
在来工法と言われる一般的な木造住宅、一番たくさんある木造2階建の住宅が実は一番危険というのが東日本大震災や熊本地震など多くの震災から学ぶべき教訓なのです.

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク