熊本地震の本震は4月16日未明に発生しました。つまり寝ているときに大地震が起こり1階で寝ていた人が亡くなったのです。

熊本地震の本震は4月16日未明に発生しました。震度は7です。
後から前震とされた地震が4月14日に発生しています。
この前震と呼ばれる地震の被害は大したことはありませんでした。
大勢の死者がでるような地震ではなかったのです。
しかし、この前震(後から前震と気象庁は呼ぶようになった)を本震と捉えて気象庁が報道機関に情報をばらまいたために、これ以上の大きな地震は発生しないだろうと考えて家に帰った人たちが4月16日未明の本震、まさに就寝中に発生した震度7の本震により多くの人が亡くなったというのが現実です。
4月14日が熊本地震の発生の日とされるようですが、実際は本震があったのは4月16日です。
気象庁の不正確な情報の垂れ流しはいつも多くの死者を出しています。
有名な例としては地震ではないですが、御嶽山の噴火の例がそうです。
火山性微動が頻発していたにも関わらず大々的に情報を発信しなかったために多くに人が噴火に巻き込まれて亡くなってしまったのです。
熊本地震も前震を本震と間違えて発表することがなく、正しく、前震として発表していれば多くの人は本震に備えて安全な場所に避難し続けていたでしょう。
また、安全な場所というのは木造住宅2階建てであれば、2階ということはまちがいありません。
熊本地震の発生した4月16日は、やはり、2階で寝る日、としてもらいたいものです。
Sleep-Upstairs.gif

この記事へのコメント

スポンサーリンク