建築学会の「関東大震災100周年日本建築学会提言日本の建築・まち・地域の新常識」が公表されています。

建築学会の「関東大震災100周年日本建築学会提言日本の建築・まち・地域の新常識」が公表されています。 リンクは以下、 https://www.aij.or.jp/jpn/databox/2024/kanto100th240510.pdf ここでは、優良化更新なる言葉が使われている。 この意味は、建築物や施設を維持管理する際に、よりよくなるように更新すること。 意味としては、仙台枠組みで…

続きを読む

能登半島地震でのり災証明でのIT活用例

令和6年能登半島地震ではIT活用でり災証明の発行の迅速化が行われているようだ。 参考)令和6年能登半島地震 復旧・復興支援本部(第1回) 議事次第 より、 https://www.bousai.go.jp/updates/r60101notojishin/pdf/r60101notojishin_hukkyuhonbu01.pdf これによると、 ○航空写真、ドローンの活用 ド…

続きを読む

3.11本当の教訓は木造2階建ての住宅は大地震でぺしゃんこになって1階建てのようになること、10数秒で倒壊するので逃げられないこと

3.11の前後には様々な、地震防災の記事が踊る。 しかし、これまでほとんどのケースで1階で寝ること、過ごすことが危ないという記事はない。 これは逆に言えば、2階が安全ということでもあるのだが、このようなメッセージが送られることは極めて稀だ。 大地震の際の被害は、 ・10数秒で1階がぺしゃんこになり、その上には2階建てがそのまま残っている ・この結果、圧死となる ・10数秒で崩壊す…

続きを読む

かほく市や内灘町の液状化被害は深刻

令和6年能登半島地震。 輪島市と珠洲市の建物倒壊や火災に気がとられてあまり注目されてこなかったが、かほく市や内灘町の液状化による住宅の被害は深刻だ。 以下は、NHKのニュース。 映像を見なければならないのが難点だが、被害は大きい。 NHKより、 石川 内灘町 液状化きっかけに低い土地に土が流れ込んだか 2024年1月28日 20時17分 https://www3.nhk.or…

続きを読む

自宅の耐震診断ができるソフト「マイホーム耐震診断2024」が無料配布中!

自宅の耐震診断ができるソフト「マイホーム耐震診断2024」が無料配布中だ。 なかなか素晴らしい取り組み。 ただし、サポートはない。 今時なので、ググれば色々と出てきるのでお試ししたい人には最適。 Win10,11のみ対応のソフトなのでMacの方はちょっと難しい。 詳しくは以下のページを見て、実際にソフトを使ってみてほしいが、注意すべきことがある。 このソフトの診断法は 『一般診断…

続きを読む

阪神・淡路大震災から29年、しかし、繰り返される木造住宅の下敷きになって命を失うということ。

阪神・淡路大震災から29年、しかし、繰り返されるのが、 古い木造住宅の下敷きになって命を失うこと だ。 この点では何も変わっていない。 能登半島の住宅は柱もしっかりしていると言われていたが、震度7近くではとても耐えられないことが明確になった。 命を落とさないためには、耐震補強は必須。 間に合わない間は2階で寝る、さらに、できるだけ2階で過ごすこと。 これが、本当の阪神・淡路大震災の…

続きを読む

地震への備えは地震保険だけでなく建物更生共済などの共済制度もある

地震保険だけが大地震への備えではない。 共済というものがあるのだ。 その代表的なものがJAの建物更生共済だ。 以下のパンフレットを見てほしい。 https://www.ja-kyosai.or.jp/okangae/home/pdf/muteki_202304.pdf 過去の能登半島地震(2007)でも137億円が実際に支払われている。 もちろん東日本大震災時にも9,376億円も支払…

続きを読む

スポンサーリンク